予防接種|守口市のしみずファミリークリニック|ワクチン接種 インフルエンザ 肺炎球菌 小児予防接種

0669144390

予防接種

お子様の予防接種

予防接種は、病気(感染症)にかからないよう、またたとえかかっても症状がひどくならないように実施します。一般的には生後2ヶ月がワクチンデビューのタイミングです。

当クリニックでは、お子様の予防接種を行っておりますので、希望される前日までに、お電話にてご予約の上、接種をお受けください。(*守口市・門真市・寝屋川市・四条畷市・大東市・大阪市の6市にお住まいの方は、当院での公費接種が可能です。)

特にお子さまは、予防接種のスケジュールをしっかり確認・調整ください。 例えば、直前に水痘・MR・おたふく等の「生ワクチン」を接種されますと、約1ヶ月間はインフルエンザワクチンを接種できません。ご注意ください。

インターネットからの予約

個別スケジュールを計画

現在、数多くの予防接種があり、「どれをいつ接種したらよいのか?」と戸惑われる保護者の方も少なくないかと思います。そんなスケジュール管理についても、いつでも、ご相談ください。お子様一人一人の「個別ワクチンスケジュール」を計画いたします。

接種当日お持ちいただくもの

  • 母子健康手帳(お忘れの場合は、接種できません。)
  • 健康保険証
  • 小児医療証
  • 診察券(お持ちの方)など

※当院でのワクチン接種における注意事項
万一の副反応に備えて、接種後約30分程度は院内で観察します。そのため、午前は11:30まで、午後は18:30までに来院してください(その時間を過ぎますと接種できませんので、ご注意ください)。接種当日はいつも通りの生活をしていただいて結構です。ただし強度の高い運動などは避けてください。接種後、体調の変化が見られた際は、すぐに医師にご相談ください。

ワクチンスケジュール

定期接種

国が「一定の年齢になったら受けるように努めなければいけない」と規定しているワクチンです。接種費用は対象年齢内、規定回数内であれば、基本的に公費で負担されます(対象年齢や規定回数を超えたり、指定の医療機関以外で受けたりした場合の接種費用は、全額自己負担となります)。

ワクチン 標準的接種期間 接種回数
B型肝炎ワクチン
不活化ワクチン
生後2ヶ月~ 3回
Hibワクチン
不活化ワクチン
生後2ヶ月~5歳未満 1~4回
(接種開始年齢によって異なります)
小児肺炎球菌ワクチン
不活化ワクチン
生後2ヶ月~9歳 1~4回
(接種開始年齢によって異なります)
4種混合ワクチン
不活化ワクチン
生後3ヶ月~7歳6ヶ月未満 4回
不活化ポリオワクチン
不活化ワクチン
生後3ヶ月~7歳6ヶ月未満 4回
2種混合ワクチン
不活化ワクチン
11歳~13歳未満
(標準的な接種年齢は小学6年生)
1回
水痘ワクチン
生ワクチン
1歳~ 2回
BCGワクチン
生ワクチン
生後5ヶ月~8ヶ月未満 1回
MR(麻疹・風疹混合)ワクチン
生ワクチン
1歳~ 2回
日本脳炎ワクチン
不活化ワクチン
生後6ヶ月~
(標準的な初回接種年齢は3歳)
3回
任意接種

定期接種以外の予防接種です。「任意」とは、受けなくても良いという意味合いではなく、病気を防ぐためには、どれも大切なものばかりです。費用は基本的に「自費」になりますが、やはり接種を受けられるよう、お勧めいたします。

ワクチン 標準的接種期間 接種回数
ロタウイルスワクチン
生ワクチン
生後6週~32週 2~3回
おたふくかぜワクチン
生ワクチン
1歳~ 2回
インフルエンザワクチン
不活化ワクチン
生後6ヶ月~12歳 2回
13歳~ 1回

※ロタウイルスワクチンの接種前後30分は授乳ができませんので、ご注意ください。
*その他のワクチンについても、お困りの場合は、いつでもご相談ください。
*0歳や1歳の時点で「打ち漏らし」があっても、それよりも上の年齢で接種できる場合があります。「接種を受けていない」「必要な回数を終わらせていない」などのケースについては、個別にご相談ください。

予防接種スケジュール出典:NPO法人VPDを知って、子どもを守ろうの会

KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう
◆集団生活に入る前に
保育園や幼稚園などの「集団生活」に入ると、ウイルスなどの病原微生物に接する機会が格段に増えてきます。
入園前には、お子様の接種状況を改めて確認し直し、「接種漏れ」や「任意接種」などについては、可能な範囲で受けておくようにすると良いでしょう。

おとなの予防接種

当クリニックでは高齢者肺炎球菌ワクチン(公費・自費)、インフルエンザワクチン(公費・自費)に対応しております。お問い合わせください。

インターネットからの予約

肺炎球菌ワクチン

肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し、重症化を防ぎます。65歳以上の方や慢性の持病をお持ちの方などは、肺炎球菌ワクチンの接種が推奨されています。接種は、1年を通して、いつでも可能です。ただし、5年以内に再接種を行うと、注射部位の痛みなどが強く出ることがありますので、再接種を希望される方は、5年以上の間隔をあけてください。

インフルエンザ

インフルエンザウイルスは毎年違う種類が流行するため、予防接種も毎年行う必要があります。インフルエンザワクチンは、接種してから効果が出るまでに約2週間かかり、その効果は約5ヶ月間持続します。日本では、インフルエンザが例年12月~3月頃に流行することを考えると、毎年10月下旬~12月に接種するのが良いでしょう。

医療系・栄養系・教育系の職員さんや学生さん向けの予防接種(B型肝炎・麻疹(はしか)・風疹など)もおこなっております。「実習のための予防接種、どうすればいいのだろう?」とお悩みのかた、抗体検査も含めて、お気軽にご相談ください。

インターネットからの予約システム

アプリの登録について

内科
小児科
予防接種
外科
アレルギー科
オンライン診療
お肌・皮膚の悩み
お尻のなやみ・便秘
大きな手術後の管理
健康診断
眼の検査
医療法人健智会 しみずファミリークリニックFacebookページはこちら

診療カレンダー

8月
27
診 療
28
診 療
29
診 療
30
診 療
31
診 療
1
診 療
2
休診日
3
診 療
4
診 療
5
診 療
6
診 療
7
診 療
8
診 療
9
休診日
10
祝日
11
診 療
12
診 療
13
休診日
14
休診日
15
休診日
16
休診日
17
診 療
18
診 療
19
診 療
20
診 療
21
診 療
22
診 療
23
休診日
24
診 療
25
診 療
26
診 療
27
診 療
28
診 療
29
診 療
30
休診日
31
診 療
1
診 療
2
診 療
3
診 療
4
診 療
5
診 療
6
休診日
9月
31
診 療
1
診 療
2
診 療
3
診 療
4
診 療
5
診 療
6
休診日
7
診 療
8
診 療
9
診 療
10
診 療
11
診 療
12
診 療
13
休診日
14
診 療
15
診 療
16
診 療
17
診 療
18
診 療
19
診 療
20
休診日
21
祝日
22
祝日
23
診 療
24
診 療
25
診 療
26
診 療
27
休診日
28
診 療
29
診 療
30
診 療
1
診 療
2
診 療
3
診 療
4
休診日